アリスの今すぐ始めよう   楽しいフィッシングのコーナー!

慣れないうちは、針が真上に飛んで
そのまま落っこちてくる「天ぷら」や、
隣の人と糸が絡まってしまう「お祭り」等が
起こる場合もありますが、
もし隣の人と糸が絡まってしまっても
爽やかに明るく対応するのも
釣りのマナーのうちの一つです。

まず、浮きと必ずセットで入っている
ゴム管を糸に通しておきます。
浮きのとがった部分をゴム管に
差し込む形でセットします。

その下に、別売りのガン玉を
糸にかませるようにセットします。
これがないと浮きが水面で
立ってくれません。重すぎては
ダメです。浮きにあった
ガン玉を選びましょう。

別売りのサルカンに糸と
針を結んだら完成です。

浮きは針から約1m20センチくらい
上にセッティングするのがいいと
思います。

ユニノットで結んでみよう

そうして出た糸を竿の輪っか
全てに通していきます。
この時、ねじれて通してしまうと
リールが巻けなくなってしまうので
くれぐれも注意してください。

悪い見本

伊豆諸島等の綺麗な海に出かけて釣る場合、
磯に生息している「貝」を針につけて釣ったほうが
青いそめよりも断然釣れたというデータを
]さんが残しています。
カサゴやフグ、コチ等が釣れたそうです。

スズキ(シーバス)はルアーフィッシングの
対象魚としても人気が高く、大体はルアーで
狙ってみるのがいいと思います。

タチウオの歯はとても鋭い事で有名なので
釣れてしまったら絶対に歯には触らないように
注意しましょう。

オニカサゴ等、猛毒を持つ魚が防波堤にいる
場合があるので刺されないように慎重に
対処しましょう。

砂浜から釣る場合、もし針が引っかかって
取れなくなってしまっても最後まで諦めずに
がんばって下さい。糸を切ってしまうと夏になって
海水浴客が怪我をして釣り禁止になって
しまうからです。

海で釣れる魚の生息地

スズキ(シーバス) 港湾、磯、浜、河口、沖
ヒラメ 浜、磯、沖
コチ 浜、防波堤
カサゴ 防波堤、磯、沖
メバル 防波堤、磯、沖
アイナメ 防波堤、磯、沖
タチウオ 防波堤、磯、沖
ブリ 浜、磯、沖
サバ 防波堤、沖
カンパチ 沖、浜
メッキアジ 港湾、河口
カマス 防波堤
ソイ 防波堤、磯
アオリイカ 防波堤、磯
ボラ 河口、河川内、防波堤
カツオ
シイラ
カレイ 浜、磯、沖
シロギス 浜、沖

最後は海です。基本的に大物は
船に乗って沖に出なければ
釣る事はできないので安心して
ください。

港や公園等から釣る場合は
浮きに餌をつけての釣りが
いいですよ。

海での餌釣りの場合、針が2〜3つ
連続で付いているしかけを
買うのが一番です。
浮きもセットでついてますし。
餌は青いそめや砂利目という虫を
つけますが、噛み付いてくる場合が
あるので手袋を付けることを
オススメしますよ。

海には色々な魚がいますがとりあえず
青いそめか砂利目をつけて釣ってみる
のがいいと思います。

まず釣りに絶対必要な道具といえば
釣竿です。写真に写っている竿は
海でも湖でも川でもどこでも使える
タイプのものです!

値段は最も安い物で700円〜
何十万円までとものすごく色々な
種類がありますけど最初は700円の
釣竿で十分です。

湖や海で使う竿の場合、持つところに
リールという糸を巻き取る道具を
装着して使います。

川の竿にはリールが付けられない物も
ありますけど最初はリール付きの物を
使う事をお勧めします。
アリス
「フィッシングの魅力って、老若男女問わず
誰とでも気軽にできる所だと思うんですよ。何歳になっても
続けられますし、結構釣りをやってる人って若い方でも
多いんですよ。今回は少しでもこれから釣りを始めようと
思っている人のために初級の知識を伝授します!

アリス
「以上でアリスの釣り講座を終わりにしたいと
 思います。皆さんもいち早く、最初のお魚がゲット
 できますようにがんばってくださいね♪
 ルールを守って楽しく釣りをしましょう!
 それではこの辺で!さようなら!

一番オーソドックスで飛距離の
出る投げ方といえば、
オーバーヘッドキャストです。
竿を頭上に振りかぶって
思いっきり投げます。

上の図のように、リールから
糸が出る状態にしたら、ルアーが
竿の先から30センチぐらいの
ところまで糸が出るように
調節します。

そうしたらその状態で竿を前方に
振り、真上を通り過ぎた頃ぐらいの
タイミングで糸を離します。
重いルアーを使う場合、これで
20mぐらいは飛んでいきます。

ルアーが着水したらしばらく間を置いて
リールの輪を巻き取りモードに
倒しましょう。
釣りの動作は以上を繰り返す事から
始まります。

アリス
「次はいよいよ水面に針を投げてみましょう。
 浮き釣りの場合は激しく投げると危ないので
 軽く下から振って水面に落とします。
 ルアーフィッシング等の場合は遠くまで投げた方が
 いいので、ここでは基本的な投げ方を
 載せておきますね。

STEP3 道具をセッティングしよう!

アリス
「本格的な結び方はユニノットを含んでもっと
 たくさんありますけど、一番手っ取り早い方法があります。
 かた結びを4〜5回連続でして、端と端を思いっきり
 引っ張れば上と同じような形の結び目が出来上がり、
 ちゃんと外れないようになるので、もし難しかったら
 そうやって結ぶのも手ですよ。

これはダメです。
]さんもたまにやってしまう
時があるそうです。

直すのがとてもめんどくさいん
ですよね・・・。

アリス
「釣具を揃えて行き先を決めたらいよいよ水面に
 釣り糸を垂らして釣りにチャレンジしてみましょう!
 ここではリールの付け方から糸の結び方までを
 載せておきます。

アリス
「海の釣りの場合、砂浜、テトラポッド、磯など
 色々な場所があり、住む魚も違ってくるので
 ここではちょっとした生息魚の表を場所別に
 まとめておきますね。参考までに。

アリス
「道具を揃えたら次にどこで何を釣るかを決めましょう。
魚によって餌の好みは千差万別です。魚にあった
餌を用意しなければ釣りは始まりません。
汚い川では鯉やフナ等しかいないので練り餌という
粉を固めた餌を使います。湖ではブラックバスや
ブルーギルが狙えるのでルアーを、海では餌、または
海用のルアーが活躍しますよ。

STEP2 釣り場に出かけよう

STEP1 釣具を揃えよう

慣れるとこんな大量なことになりますよ♪
それでは〜


浮きの付け方

針・ルアーへの付け方

まず、リールの輪の部分を
向こう側に倒します。
こうすることで糸が出る状態に
なるので投げるときは必ずこの
状態にしておきます。

こうすると針の重みで糸が
いっぺんに出てしまうので
人差し指と中指を竿に押し付ける
ようにして糸を持っておきましょう。

オーバーヘッドキャスト

ラインの先をゆっくりしめて
結び目を作ったら、ラインのもとを
引いてしめ、余分な部分をカットです。

釣りを終える時はこの部分を
はさみで切り取ります。

折り返したラインを並んだ2本の
ラインに数回巻きつけます。

B

一番簡単な結び方で
「ユニノット」というものが
あるので紹介しますね。

まず、ルアーのアイを通した
ラインを折り返して2本のラインが
並んだらもう一度ラインを
折り返します。

A

ここが一番大事なポイントです。
出た糸を金属の輪の外側
引っ掛けてから出していきます。

こうしておかないとリールを
巻いたときに糸を巻き取って
くれません。

B

まず、糸を外します。
指で押さえておかないと
たくさん出てしまう恐れがあるので
出た糸は念のため、つまんで
おきましょう。

A

こちらは川です。写真に載っているのは
海に近い川ですが、山の中にある
渓流と呼ばれるとても綺麗な川では
おいしい魚がたくさん泳いでいますよ。
鮎やニジマス、ヤマメ等が対象魚です。

渓流の魚は餌で釣るのが一番楽ですが
スプーンやスピナーといった小型の
ルアーでも釣る事ができます。
餌は釣具店で500円ほどで売られて
います。ブドウ虫っていう芋虫なんかは
多くの川魚が好む餌なので最初は
ブドウ虫にチャレンジしてみましょう。

湖です。主にルアーフィッシングが
楽しめます。ワカサギが来ている所も
多いのでワカサギを釣る場合は専用の
しかけにアカムシという餌をつけます。

陸から釣る場合が多いですが
手漕ぎボートをレンタルして
釣るとより一層好きなポイントで
釣りが出来ていいですよ。

手漕ぎボートは安い所で2000円〜
4500円程度で1日中借りることが
できます。途中で降りてからまた
乗りに来ることもできるのでトイレに
行きたくなっても安心ですね♪

ブラックバスは食べてもおいしくないと
有名なので写真を撮ったら
キャッチアンドリリースで
逃がしてあげましょう。

これがリールです。リールも一番
安い物で1000円の物から揃えることが
できます。

リールの種類は大きく分けて二つに
分類されます。ひとつは写真と同じような
スピニングリールという縦型のリール。
最初はこちらを使う事を絶対オススメします。

もうひとつはベイトリールという四角い
横型のリールなんですけど、初心者が
使うと糸がいっぺんに出て大変なことに
なる現象・・・バックラッシュが起きるので
横型のリールは最初のうちは手を出さない方が
いいですよ。

STEP4 キャスティングしてみよう

@

アリス
「以上の3つさえ揃えればいつでもどこでも釣りを
楽しむことができるんですよ。
その他に絶対必要なものは「はさみ」です。
ルアーや針に結んだラインを切る時に使います。
あとサルカンという金属の小さな輪はリールから出た
糸と針とを結びつけるのに必須です。
後は日射病避けの帽子とジュースやお弁当等を
持って行くといいですよ。あと出したゴミは必ず
自分で処分するのがマナーです。

最後に必要なのが餌と針です。
針に生きた虫とかを
つけます。湖の釣りの場合は
プラスチックで出来たルアーを
つけます。

ルアーの操作は基本的にちょっと
難しいので慣れないうちはなかなか
魚が食いついてきてくれません。
なので最初は餌を針につけて
釣る事をオススメします。
餌の場合、基本的に浮きをつけて
沈めておけば勝手に魚が食いついて
きてくれますからね。

針を買う場合、浮きとガン玉という
オモリは必ずセットで買いましょう。
浮きは100円程度、ガン玉は
200円程度で売られています。

inserted by FC2 system